アクティブな高齢者 サービスの特色 国際プロジェクト リハビリテーション
 YOU 介護 
“ あなたのライフスタイルにあわせた専属の
最良の介護サービスを提供します ”
“YOU 介護”は 自立支援を基本にした、由由湖山の独自の介護手法、最新の医療的ケアと介護技術を通じて、介護が必要な高齢者に対し最適な介護サービスを提供。高齢者のQOL(生活の質)が向上します。
 認知症に対するケア 
日本では最大級の規模を誇る湖山医療福祉グループではPEAP(環境支援)、PERSON CENTERED CARE、 HUMANITUDE(ユマ二チュード)介護技術及び日本式のユニットケアを導入し、薬物の過剰摂取の防止、心理行動症状の改善を目標に、適切な医療と介護を提供します。認知症をもつ家族を支援し、専門性の高い介護技術提供します。
住みやすい環境づくり
 認知症高齢者への環境支援指針( PEAP )
 ユニットケア
1996年にアメリカでWeisman教授らにより開発され、2002年に「ケアと環境研究会」により、日本の文化やケアの現状を踏まえながら、日本語に翻訳、修正しPEAP日本版ができました。
「ユニットケア」とは、10人程度の少人数グループを一つの生活単位(ユニット)に区分し、お一人お一人の状況に合わせてた介護ケアを行うことができます。
認知症ケアの考え方及び技術
 パーソン・センタード・ケア
 (PERSON CENTERED CARE)
 ユマニチュード
 (HUMANITUDE)
パーソン・センタード・ケア」とは、1980年代末に英国の心理学者トム・キッドウッド教授によって提唱された、認知症高齢者を一人の人として尊重し、「その人の視点や立場に立って理解しながらケアを行う」という認知症ケアにおける考え方の一つです。
ユマニチュード(HUMANITUDE)とは、知覚・感情・言語による包括的コミュニケーションに基づいたケア技法です,ユマニチュードは、「人とは何か」「ケアをする人とは何か」を問う哲学と、それに基づく実践的な技術から成り立っています。
 リハビリテーション 
リハビリテーションは障害に対し、診断・評価・治療、機能訓練を行い、運動療法、作業療法、言語療法を主な手段とし、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)向上を目標に、心身機能、日常生活活動、社会活動、認知症予防の四つの方面から患者様の生活機能を高めます。
  理学療法PT| ( * PT: Physical Therapy)
理学療法の治療技術には運動療法(関節可動域回復訓練、麻痺回復促進訓練、歩行訓練、筋力増強等)、物理療法(温熱療法、電気療法、短波・ 超短波療法等)等があり、その治療目的は低下した動作能力の改善にある。
  作業療法OT| ( * OT: Occupational Therapy)
作業療法とは、身体または精神に障がいのある方に対し、生活していくために必要な動作や社会に適応するための能力の回復をめざし、治療を行う。
  言語聴覚療法ST| ( * ST: Speech Therapy)
言語聴覚療法とは、言語(失語症、構音障害等)、嚥下(飲み込み)に障害のある人に対し、検査、訓練及び助言、指導等の援助を行う、。
リハビリテーションの内容
 家庭でできるリハビリテーションの実践
 リハビリテーションの流れ
高齢者の身体機能、日常生活能力を向上させるため、高齢者の生活習慣を尊重し、行動を制限せずに、日常生活を通じた訓練の内容を決める
心身の機能評価:現在の心身の状態について、医学・介護の専門技能を用いて評価します。
訓練目標の設定:心身の機能評価に基づき目標を設定し、高齢者、ご家族と一緒にそれに向け進めていく。
訓練の施行:高齢者の有する能力に応じたリハビリの訓練を行います。リハビリ専門職、介護職、医療職が共同して支援します。
リハビリテーションの技能
 口腔機能向上
 専門、安全のリハビリテーション機器
嚥下障害機能の回復及び誤嚥性肺炎の予防
·食事の前に、口腔体操をする
·食事の後に、口腔ケアをする
·嚥下機能の評価
·歯科医の訪問診療
·嚥下造影検査(VF)
·嚥下内視鏡(VE)検査
·レッドコード(RED CORD)
·デジタルミラー(DIGITAL MIRROR)
·包括的高齢者運動トレーニング(CGT)の機器
回到顶部图片